自由に生きるために考える場所

ニュースや時事ネタについて書いていきます。

ゲーム理論(囚人のジレンマ)を超簡単にご紹介

こんにちは

 

Ansanです。

 

皆さんは「ゲーム理論」って知っていますか?

違います!ゲームで遊ぶ理論じゃないです!

 

簡単に言うと「あるものごとに対して各プレイヤーが自分にとって最適な行動したとき、全体としてはどういう結果となるのか?」を考えた理論です。

 

ゲーム理論はマクロで考えたときに結果をシミュレーションするのに有効です。

 

今回は一番有名な「囚人のジレンマ」をご紹介します。

詳しく説明しているサイトはたくさんありますが、超わかりやすく説明しますのでぜひ見てみてください!

 

問題

ある容疑で逮捕された二人の囚人が別室で取り調べを受けている。

検察がそれぞれに対して以下の司法取引を持ち掛けた場合、どういう結果になるでしょうか。

 司法取引の内容:

 ・自分が罪を自白して相手が自白しない場合、自分は無罪で相手は懲役10年
 ・相手が罪を自白して自分が自白しない場合、相手は無罪で自分は懲役10年
 ・2人共自白しない場合は懲役1年  ・2人共自白した場合は懲役5年

 

考察

司法取引の内容をまとめると以下の通りになります。

(懲役刑をマイナスで表現、囚人①の懲役を赤字、囚人②の懲役を青字で表記)

    囚人②
    黙秘 自白
囚人①
黙秘 -1 , -1 -10 , 0
自白 0 , -10 -5 , -5

 囚人二人両方にとって一番最適なのは、両者が黙秘して1年ずつで済むケース(-1,-1)であることがわかります。

ただし、囚人①、②個々人の立場で考えてみると…

・囚人① : 相手が黙秘した場合、自分が自白したほうが得する。(  0  >  -1  )
      相手が自白した場合、自分が自白したほうが得する。( -5  >  -10)

囚人①は自白するほうが得

・囚人② : 相手が黙秘した場合、自分が自白したほうが得する。(  0  >  -1  )
      相手が自白した場合、自分が自白したほうが得する。( -5  >  -10)

囚人②は自白するほうが得

 

結果

というわけで、囚人両方にとって一番最適なのは両者が黙秘するケース(-1,-1)ですが、
個々人でみた結果両者が自白するケース(-5,-5)を選択するという結果になりました。

 

 

 このように、直感で感じるものと結果が異なるのがゲーム理論の面白いところです。

少しでも興味を持たれた方は、ぜひご自身でも色々調べてみてください~!

 

それでは~!